OneStack 導入による効果

1. 顧客との接点を創出

従来、顧客接点の創出=店頭での接客が基本であり、顧客の来店に依存し事業者が能動的に接点を創出することは難しい状況でした。

OneStackを導入すると、お店独自のアプリができることでリアルな接点だけではなくデジタルでも顧客と繋がることができるようになります。PUSH配信やクーポン配信はデジタルでの接点を増やし、またスタンプラリーでは店頭でのやり取りとQRコードを使ったスタンプ押印によりリアルとデジタルそれぞれの接点を創出することで顧客接点創出の可能性を大きく広げ、店舗DXを加速させるでしょう。

買い物客にバッグを渡す販売員

2. 顧客ロイヤリティを向上

OneStackで出来上がったアプリは、自社でアプリダウンロードサイトへ配信を行うことができ、店舗のブランド価値を高めることができます。さらに、ターゲットに合わせて・適切なタイミングで・効果的なベネフィット(クーポンなど)を届けることが可能に。このような顧客体験を提供することによって、顧客に好感・愛着を持ってもらい、店舗のファンを増やすことができます。

Image by Clay Banks

3. マーケティングへの活用も可能

アプリにおいては、PUSH配信・クーポン配信で細かいターゲット設定によるセグメント配信が可能なため、従来のメルマガのようなマスマーケティングではなく、個々人に合ったコミュニケーションを取ることができます。管理画面では、ダッシュボード機能により会員属性やPUSH配信の効果を計測したり、POSシステムとの連携で既存顧客の取引情報も引継いで運用が可能です。アプリデザインも自由にカスタマイズ可能なため、店舗のオリジナリティを訴求できます。

Image by Jamie Street